クリティア

ウォーターサーバーの水って、どういう種類があるの?

 

ウォーターサーバーのお水は、大きくわけて2つのタイプがあります。

 

1つは、逆浸透膜で水から不純物を取り除いたタイプ。 不純物を取り除いていますので、安全性は高いと思います。

 

この不純物を除いた水には、ミネラル分を人工的に追加します。

 

なぜミネラル分を追加するのかといいますと、人間は、ミネラル分によって水の美味しさを感じているからだそうです。

 

純粋な”水”だけだと、あまり美味しく感じられないんですね。

 

 

もう1つは、天然水をそのままご家庭にお届けしているタイプ。 

 

水の美味しさにこだわるなら、天然水タイプが気になりますね。

クリティアのお水はこだわりの天然水だから、美味しさが違います!

 

クリティアの水は、名峰富士山麓の地下203メートルの水源から汲み上げられた天然水です。

 

このため、通常の生活環境の影響を受けていないお水です。

 

名峰富士の幾重にも重なる玄武岩の層によって濾過された水には、

 

有用なミネラル分が豊富に含まれています。

 

この天然水の栄養分を損なうことなく、ご家庭までお届けすることができる非加熱処理を実現した
のがクリティアの水なのです!

 

 



 

 

 


クリティアには、話題のミネラル「バナジウム」が豊富に含まれています!

 

富士山麓の玄武岩層によって濾過される天然水には、カルシウムやマグネシウムなど

 

多くのミネラル分が含まれます。

 

これは、玄武岩層を通過するときに、玄武岩に含まれるミネラルが

 

天然水に溶け込むからだと考えられています。

 

そのミネラル分のなかでも、健康維持が期待できると話題になっているのが「バナジウム」です。

 

クリティアのお水には、「バナジウム」が、1リットルあたり91μgも含まれています

 

この濃度は、市販の天然水では最高水準です!

 

 

クリティア それは、赤ちゃんにも負担の少ない超軟水!

 

クリティアは、硬度25の超軟水。

 

硬水の場合、内蔵機能が発達していない赤ちゃんに負担となることもあります。

 

クリティアは、赤ちゃんのミルクや飲料水としても問題ありません。